【ポルトドポルト】のポルトガル中毒

ポルトガルが大好きな私のポルトガル中毒日記。ポルトガルから美味しいものを輸入している食品バイヤーの視点から見たポルトガル情報です。

ポルトで美味しいスイーツを求めてOurivesaria Alliança カフェへ

本日はポルトの気になっていたカフェをご紹介。サンベント駅の近くで昔からの友人と待ち合わせをして久しぶりのお茶。お互いまさかポルトガルにこんなに惹かれることになるとは・・・やはり昔から好きなものが似ていたのね。なんて思ったり。

 

入る場所も決めていなく歩いていると、前から気になっていたカフェの前をちょうど通ったので、友達に美味しいか聞いてみると、彼女も入ったことがないと言うので、入ってみることにしました。

f:id:portodoporto:20190305160919j:plain

カフェの名前は Ourivesaria Alliança

この意味は「ジュエリー&時計」という意味。カフェなのにどうしてだろう?と思うとどうやら2階はジュエリーショップになっているようです。

 

このカフェ、ポルトに行ったことがある人ならば1度は見たことがあるのではないでしょうか?サンベント駅の近くなので、人通りも多く、私もいつも通る度に「素敵な雰囲気のカフェがあるな〜」と思っていたのですが入ったことはなく、今回やっと入ることができました。

 

サンベント駅 

www.portostyle.work

 

サンベント駅を出てメインの通りを歩いていると、一際目を引く花に囲まれたビルディングです。雰囲気はポルトガルらしくなく、パリをイメージしているのかな?という感じ。

f:id:portodoporto:20190305161101j:plain

今は観光客がほとんどですが、以前はポルトガル人のマダムがよく外の席などに座っていたので、ずっと気になっていました。

中に入ってみると、中もやっぱりポルトガルではないみたいな雰囲気。家具なども全くポルトガルらしさがないカフェでしたが、素敵な雰囲気で「重厚感がある」感じです。

写真は撮れませんでしたが、とってもバブリーな椅子や机もチラホラ。

f:id:portodoporto:20190305161235j:image

可愛らしいショーケースの中にはカラフルなマカロンやエクレアがギッシリ!!!やはりフランスを意識しているのですね!納得。

f:id:portodoporto:20190305161231j:image

雰囲気から予想はしていましたが、ここのスイーツは他のお店よりも高めで、ポルトガル系スイーツではありません。

他のお店では見かけないようなお菓子がたくさん並んでいたので、特にポルトガルではあまり見ることのないタルトなどをオーダーしてみました。

f:id:portodoporto:20190305160913j:plain

色々なタルト類と紅茶をオーダー。紅茶はほとんどポルトガルで飲めるところがないので、とても珍しいです。なんだかキルフェボンのタルトみたい。
f:id:portodoporto:20190305160915j:plain

気になるお味は…う〜ん…見た目は良いのですが、やはり、フランス系のペーストリーはフランス語圏で食べるか、日本で食べるかに限ります!

 

お値段高めの、優雅なティータイムを終えなんとなく感じたことと言えば・・・

この値段でこういう雰囲気を味わい人向きのお店であり、日本に住んでいる人ならば、舌が肥えていると思うので、満足出来ないかも…

 

なによりも・・・

ポルトガルにいるのにポルトガルらしさが微塵もなく、もったいない!!!

と思ってしまいました。

 

と言うことで、ここは旅行中ではなく、長期でポルトガルに住んでいる人にオススメのカフェです。2階には素敵なジェリーショップがあり、ポルトガルの伝統ジュエリー、フィリグラーナなどが販売されているので、優雅な雰囲気を楽しみに行ってみるのは良いかもしれませんね。

f:id:portodoporto:20190306142232j:plain

 

満足度:

★★☆☆☆

 

 ポルトのカフェ

 Ourivesaria Alliança

 

▶︎黄色いトラムの美味しいポルトガル商品はこちらから😋

▶︎ポルトの商品の取り扱い店一覧はこちら