【ポルトドポルト】のポルトガル中毒

浜名湖のほとりからポルトガルの「美味しい」「可愛い」をお届けしている小さな輸入会社。こだわり食品バイヤーの視点から見たポルトガル情報です。

ポル日記#014 ブラジルから届いた小包

先日ブラジルの親友からパッケージが届きました。

この黄色いボックスが家に届くと、直ぐに

ブラジルからだ!!!

と分かります。

f:id:portodoporto:20190130144140j:image

Correiosというのは郵便局のことで、ポルトガルでもそこら中で見るのですが、

CorreiosはCorreiosでも全くデザインが違う!

ポルトガル の郵便局CTTのマークはオシャレな馬でトレードマークは赤です。

f:id:portodoporto:20190204154710j:image 

それに比べてブラジルは真っ黄色!

同じ言葉を話す国なのに、全く趣味が違って面白い〜!笑

ブラジルは住んでいた国でもちろん大好きな国なのでディスりたくはないですが、

やっぱりポルトガル のCTTの方が可愛い。笑

 中を開けるとドッシリといつものブラジルお菓子グッズが登場!

友人の懐かしい自体と愛がたまらなく胸に沁みます。

f:id:portodoporto:20190130144157j:image

このめちゃめちゃ甘いブラジルの代表お菓子OURO BRANCOや、

日本人が好きそうな味のBIS!

どれもこれも懐かしい!

f:id:portodoporto:20190130144115j:image

送られてくる度に少しずつデザインも変わって行くのが、少しだけ寂しい気もしますが・・・

まぁ、それはしょうがない。

f:id:portodoporto:20190130144111j:image

箱を開ける度に、ブラジルが家にやって来たような気分になって、毎回とても嬉しくなるものです!!!

 

ちなみにこれはポルトガルのコヘイオ。めちゃオシャレで大好き。

f:id:portodoporto:20190410140658j:plain

 

 

さてさて、送ってもらったブラジルのお菓子を早速食べているのですが、

ブラジルのお菓子って本当にとことん甘い!!!!

ポルトガル のお菓子も甘い〜と思うことが多いですが、それでもポルトガルはまだヨーロッパの中のイタリアやフランス、ドイツなどの影響を受けているので、探せば美味しいお菓子は見つかる。

それに、ポルトガル のスーパーにはポルトガル のブランドというよりもドイツやイタリアのお菓子メーカーのお菓子が多いので、甘くて食べれないということは、ほぼありません。

 

しかし、ブラジルはブラジルだけの市場が確立されているので、

本当にもう甘すぎて甘すぎて・・・

よくも昔はこんな甘いものをワイセワイセと食べていたなぁと思いました。

 

もらっておいて文句を言っているように聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。

実際、懐かしいお菓子を目の前にすると、とって〜も嬉しいものです。

f:id:portodoporto:20190130144223j:image

LACTAで働く友人が社割で買って送ってくれる大量パック。笑

大きい!!!

 

今度ブラジル人の友人に会いに行く時にお裾分けで持って行ってあげようと思いました。