【ポルトドポルト】のポルトガル中毒

夫の会社「ポルトドポルト」のバイヤーをしながら子育てをしているワーキングママのポルトガル中毒日記。

ピニャオン駅のアズレージョ

明けましておめでとうございます!皆さんの2019年の滑り出しはいかがですか?毎年ポルトガルの写真を年賀状にしている私たちですが、今年はブサコ国立公園で撮った写真を使いました。

今年も宜しくお願いします!!!

f:id:portodoporto:20190104211604j:plain

今年の私の目標は新商品を7月までに完成させることと、ブログの更新は今まで通り週1に加えて、短編ブログも週1で書いて行きたいと思います!皆の2019年も最高の年になりますように!

 

新年第1回目の記事はドウロのピニャオン駅。アズレージョで有名な駅の記事です。

 

駅前は、こんな小さな町の駅でヨーロッパの田舎感溢れる場所。

f:id:portodoporto:20190104211855j:plain

駅周りの雰囲気も素朴ですが、駅自体を遠くから見てもこんな小さな駅です。

f:id:portodoporto:20190104212402j:plain

最初はなぜここにこんなに人が集まっているか分からなかったのですが、ワイン輸出者が絶対見て欲しい!と何回も言うので、再び訪問をしてきました。

近寄ると壁にはアズレージョがたくさん貼られています。一枚一枚、ワイン収穫の様子だったり、出荷の様子だったり、ブドウ畑だったりと素敵!

f:id:portodoporto:20190104212351j:plain

駅の外側にもアズレージョが貼られていますが、プラットフォームの中へ入るともっと色々なタイルが。

さすがユネスコに登録されているドウロ ワイン生産地域!!!

f:id:portodoporto:20190104212418j:plain

プラットフォームから見える景色は、ドウロのワイン畑の典型的な畑をバックにしていて美しいのですが、どことなく日本の田舎の駅っぽくないですか?

私たちの町にも似たような風景がある気がします…

f:id:portodoporto:20190104212411j:plain

ドウロ線はローカル線なので、線路も往路と復路の一本ずつ。前回来た時にはこんなにたくさんの観光客はいなかったのですが、空前のポルトガルブームのためか、プラットフォームはアズレージョを説明する観光ガイドにたくさんのグループが群がっていました。

 

駅名のタイルも私はとってもお気に入り。

f:id:portodoporto:20190104212426j:plain

アズレージョを何枚かピックアップしてみるとこんな感じで、これはドウロのブドウ畑の様子を描いたアズレージョ

f:id:portodoporto:20190104211847j:plain

こちらは出荷される時の様子。その昔ドウロ川を利用してポルトまで素早くワインを運べたのでクオリティが保て、人気を集めていたそうです。

f:id:portodoporto:20190104212339j:plain

素敵。前回来た時には人もチラホラとしかいなかったのに、今はヨーロッパからの観光客でいっぱい!!!

f:id:portodoporto:20190104211832j:plain

前はワイン輸入にはあまり興味がなかったので、ドウロもただの観光とオリーブオイル調査だったのですが、今回はワインの視察に行ったので全く違う視点で見ることになり、一気にドウロにゾッコンです…笑

 

ポルトガルの駅は一駅一駅、違うアズレージョでその土地を表す風景の絵が描かれています。そのため、初めて電車に乗った時は車窓から首を長〜くして一駅一駅見てい自分を思い出しました。

 

その集大成があのポルトのサンベント駅ですが、あんなに豪華で有名でなくても、田舎駅のアズレージョは本当に芸術的で素敵です。

www.portostyle.work

f:id:portodoporto:20190104211906j:plain

ユネスコにも登録され、文化的にもとってもリッチなアルトドウロ。ワイン好きはもちろんですが、ポルトガルへ行かれる人は是非一度この風景に浸りに行ってみてください!

 

その際にはピニャオン駅のアズレージョ視察は忘れずに!!!

 

 

▶︎黄色いトラムの美味しいポルトガル商品はこちらから😋

▶︎ポルトの商品の取り扱い店一覧はこちら