【ポルトドポルト】のポルトガル中毒

ポルトガルが大好きな私のポルトガル中毒日記。ポルトガルから美味しいものを輸入している食品バイヤーの視点から見たポルトガル情報です。

ドウロで泊まったモダンなワインホテル

後数日で2018年も終わり。そして平成最後の年越しですね。みなさんどんな年でしたか?そして素敵なクリスマスを過ごされましたか?クリスマスはポルトガルの家族からたくさんの手作りのプレゼントと暖かいカードが届きました。

f:id:portodoporto:20181229163339j:image

嬉しいな〜なんて言っていると、今度はドイツの友達から本場のシュトーレンが!!!

f:id:portodoporto:20181229164419j:image

 とっても美味しかった!!やはりクリスマスはヨーロッパ人にとってとても大切な日なのですね。日本にいると普通に働いている週ですし、文化的なものというよりも商業的なイベントなので、やはり温度差はありますね。

私たちは娘がいる初めてのクリスマスだったので、お家でプレゼントと美味しいものを集めたパーティーをしました。ツリーの下にプレゼントがたくさんあっても、よく分かっていないよねfilha...

f:id:portodoporto:20181229165618j:image

色々と不思議がっていました。

f:id:portodoporto:20181229165921j:image

 

 

さて本日は今年最後のポルトスタイル!記念すべき2018年最後の記事はDouro!!!ドウロ渓谷についてです!!!f:id:portodoporto:20181228165056j:plain前回は列車で行ったので、見えた眺めが全く違い、今回は車だったので、こんなにも違うものか!!!!と旅の最初から驚きっぱなしでした。(今更すみません・・・)

最近は一つ一つの記事が長くなってしまうので、読みにくいかな?と心配。なので、今日はドウロで泊まった宿に絞って紹介します。

今回泊まったのは

Quinta de Casaldronho

https://www.quintadecasaldronho.com/pt/Homepage.aspx

ぶどうの木に覆われた狭い石畳の道をガタゴトと走って行くと・・・

f:id:portodoporto:20181228163127j:plain

出て来た〜!いい感じ〜
f:id:portodoporto:20181228165048j:plain
大体ドウロの宿は古いワイン畑小屋を改装して作ったようなポルトガルの田舎らしい民宿、または豪華なお城のようなものなのですが、ここは珍しいモダンスタイル。どうかな?と思ったのですが、

最高でした!!!

入ってみると大人なラウンジがお出迎え。

f:id:portodoporto:20181228163006j:plain

あらら、素敵じゃない〜!!!!

部屋に通されると、目の前に広がっていた景色は、

ワイン畑〜〜!!!

f:id:portodoporto:20181228163016j:plain

自然が大好きな私たちはこのドウロの景色に感動してしまいました!主人は去年泊まったアレンテージョの方がもっと自然がすごかった!と言っていたのですが、私はこのドウロの不思議な地形に惚れ込み!!!!

www.portostyle.work

自然がとにかく大好きな私たちは日本でも自然に近いところに住んでいるのですが、やはりポルトガルの自然は非日常的な自然の規模で「大地」を感じられる。やはりポルトガル大好きな場所です。

部屋も広め。手前にあるのが娘のベットなので少々狭目に見えるかもしれませんが、このベットがないともっと広いです!

f:id:portodoporto:20181228163405j:plain

部屋のすぐ裏にはテラスが。

f:id:portodoporto:20181228163143j:plain

ここで毎晩フランス人家族がチーズを食べて、ワインを飲んでいました。ドウロの静かな夜と満天の星空は最高のペティシュコシュです。

f:id:portodoporto:20181228163419j:plain

お風呂にはタブもあるし、シンクが2つあるので喧嘩にならずに済む!こんなところに住みたいな〜!!!

そして1番愛用したのが

屋上プール!!!

f:id:portodoporto:20181228163313j:plain

しかも誰もいない!!!この景色を独り占め!

f:id:portodoporto:20181228163019j:plain

日本にいると良くも悪くもとにかく人が多いので、人が少ないというのは本当に私たちにとってはプリビレッジです!

ポルトガルにいても慌ただしい日々。久しぶりにユック〜り自然の中で読書しました。

f:id:portodoporto:20181228162913j:plain

 何よりも嬉しかったのはこんな「いい感じ」の雰囲気なのに、子供がいること!しかも小さな宿なのに赤ちゃん連れが3組も!最高!ここではベルギー人の家族と仲良くなったのですが、夜にホテル内で会うと、二人でワインをラウンジで飲んでいるのです!

子供は?と聞くと、部屋に寝かせて来たよ!と。やっぱりヨーロッパの子育ては赤ちゃんの時から違いますよね。私も放っておくのも良いと分かっていながら、ヒヤヒヤしてしまって優雅にディナーなど食べていられない・・・

小さな宿だったために、色々な宿泊客と接触できるのもこの宿の良いところかなと思いました。

f:id:portodoporto:20181228163022j:plain

 そしてもう一つ私がウヒャーとなってしまったのが、夜になると向こうの山に見える本当に小さな町。反対側の山から教会の鐘がやまびこのように響いて聞こえてくるのです・・・

でた!ジブリ!!!

f:id:portodoporto:20181228163138j:plain

 私が小さい頃から英語を学ぶキッカケになったのがハワイのタンタラスの丘を見て、あの人達がどういう生活をしてどういう世界に住んでいるか知りたい!と思ったのが始まりだったのですが、今回25年ぶりにその気持ちに再会した気分になりました。

f:id:portodoporto:20181228163431j:plain

 素敵な夕焼け。

さぁここで・・・ポルトさん、なかなか良いところ泊まっているわね!きっとポルトポルトで大儲けしているのかしら?と思っているそこのアナタ!!!ここのホテル、1泊120ユーロくらいと大変お手頃なお値段で泊まれるのです。

f:id:portodoporto:20181229164626j:image

激安!!!という訳ではありませんが、120ユーロでこんな気持ちになれるならば悪くないですよね!ということで、コスパ的にも体験的にもフィーリング的にも大変満足がいくホテルでした。

次もまた行きたいな〜!

長くなるのを避けたいので、ご飯など他の詳しい記事はまた次回。

2018年はポルトポルトにとってとっても大きな年であり、たくさんの良い変化がありました。2019年はみなさんにもっとも〜っと幸せなポルトガルをお届けできるように頑張って行きますので、宜しくお願いいたします!

みなさんにとって素敵な年になりますように!それでは

良いお年を〜

 

▶︎黄色いトラムの美味しいポルトガル商品はこちらから😋

▶︎ポルトの商品の取り扱い店一覧はこちら