Porto Style 【ポルトスタイル】

ポルトガルをこよなく愛す「ポルトドポルト」のバイヤーが贈る、ポルトガル発掘日記。趣味は読書とヨガ。

ポルトガルの大型スーパーCONTINENTEへ!

今週末は横浜の像の鼻テラスでイベント、

そうだ!ポルトガルへ行こう2018

が開催されます。ポルトガルものがたくさん集まるイベントなので皆さん是非行ってみてください!私たちはお店にはいないのですが、商品は買えます!そしてそして・・・日曜日にはコッソリと私たちもイベントを楽しみに行くつもりなので、発見したラッキーな方(?)は是非声をかけてくださいね!笑 どんな顔してるか分からないって?そろそろ顔出ししようか、考え中です。笑 もったいぶるモノでもないのですがね・・・

 

今日のポルトガル話はポルトガルのスーパー内にあるデリカテッセンの話。「ポルトさんところって毎日外食してるの?」とブログの記事を見てくれている人によく聞かれるので、今日はレストランに行かない日のパティーンのことを書きます。

 

デリカテッセンといえば、オシャレなDEAN&DELUCAなんかをみなさん思い浮かべますよね。日本だとオッシャレ〜なイメージがあるデリカテッセンも、海外では身近なもの。私も大学時代には一人暮らしだったので、デリカテッセンで買っては勉強しながら一人虚しく食べたり(お行儀悪いですが)していたので、デリカテッセンにはたくさん助けられてきました。

 

そして、それはここポルトガルでも同じ。長期滞在の時にはついつい利用してしまうもの。今回は身近なスーパーCONTINENTEの中で発見したデリカテッセンをご紹介!

f:id:portodoporto:20181115153602j:plain

前回もポルトガルのスーパーについて少し触れたことがあるのですが、こちらは小さなローカルスーパーの様子でした。

www.portostyle.work

 

今回のCONTINENTEはショッピングモールなどに入っている大型スーパーです!!!

 

CONTINENTEのすぐ横にイートインコーナーのような場所があったので、あれ、ここでもしかしてスーパーで買ったものをアメリカみたいに食べられるシステムになったのかな?オシャレ!と思いきや、普通のフランチャイズのBAGGAの軽食屋さんでした。残念。

f:id:portodoporto:20181115153901j:plain

今まであまり意識していませんでしたが、ポルトガルの大型スーパーに横には大体こういう軽食屋さんがついています。しかし、私が今回紹介しようと思っているのは、こういうオシャレ〜なタイプのカンティーンではなく、そう、デイリーユーズできるタイプのデリカテッセンで、スーパーの中にあるこんな場所。

f:id:portodoporto:20181115155304j:plain

量り売りで売ってくれる場所です。

ショーケースに並んでいるものが、たとえ全部好きなものでなかったとしても、こんな風に目の前に並べられるとワクワクしませんか?また、カタプラーナに入ってるモノだから余計に食欲をそそる!!!これを見てしまったら試さないわけには行かない!!!と色々オーダーしてしまいました。

f:id:portodoporto:20181115153650j:plain

ワクワク。エンパナードなどのフィンガーフードも、ここでオーダーすると美味しいものに当たる確率が高いです。

これがもし、タッパーにすでに入れられた状態で売られていたら、素通りしていたかもしれませんが、自分が好きなように盛ってもらえるというだけで、同じタッパーに入っているものよりも特別感があって嬉しいものです。

f:id:portodoporto:20181115153741j:plain

パイやちょっとしたフィンガーフードは79セント。安い。私たちのようにベビーがいて外食がちょっとしにくい!という人はここで、好きなものを好きなだけ買って宿泊先で食べるという気楽だけれど美味しいスタイルもオススメですよ!!!よほど観光客が多いスーパーでなければ、ポルトガル語が話せなくても、身振り手振りでしっかりと話を聞いてくれます。このようなデリコーナーはCONTINENTEだけでなくても、大型スーパーならばどこにでもついているので試す価値あり!です。

 

ついでにこれはチーズコーナー。特別なスーパーでもなんでもない普通のスーパーなのに、これだけ種類があるのは本当にヨーロッパですよね。気になったものを少しだけ買って、夜のおつまみに・・・なんてこともできるのがスーパーのいいところ。

f:id:portodoporto:20181115155813j:plain

何より、外国のスーパーって現地の生活が垣間見える気がして、なぜかとても楽しいですよね!

 

ワクワクして色々なものを買い込んでキャシアーへ向かっていると、ベビーが起きたので、デリで買った美味しそうなものは、次の日の朝ごはんに回し、モールのフードコートでチャイニーズをササッと食べて帰ることになりました。

f:id:portodoporto:20181115160259j:plain

ここはリスボンから少し離れたところにあるポルトガルの一般的なモールですが、フードコートは日本の某モールと比べてもちょっとオシャレ。ポルトガルのショッピングモールは日本のショッピングモールよりデパート寄りと言ってもいいと思います。

 

この日は疲れていたので、ササッとできて美味しい(でもちょっとコスパは悪い)ポルトガルのチャイニーズチェーン店、定番WOK TO WALKのヌードルとお寿司をオーダーしてみました。

f:id:portodoporto:20181115160326j:plain

ボリューム満点ですが、これが意外と美味しい。ただ一人では食べきれませんし、5割食べた辺りで飽きてきます。毎回一人一品頼んでしまうという失態を犯す私たち・・・

そして寿司。

f:id:portodoporto:20181115160603j:plain

なにこれー!って感じかもしれませんが、私たちは実はポルトガルで食べる日本食やアジア料理が好きで、こういう変な見かけのものも意外と美味しいので、疲れている日や時間のない日はモールでパパッと済ましてしまうことも多々。お寿司を除いては、たまに日本よりも美味しいときもあるほどなんですよ!笑

ポルトガルの食事はどこへ行っても美味しいけれど、海外にいるとやはりアジア料理が恋しくなるのが日本人ってものですよね。笑 (ちなみにお寿司はサーモン率がやたらと高いです。)

以上、私たちがレストランへ行かない日のレイジーディナーのレポートでした。ポルトガル滞在中、今日は歩きすぎて外で食べたくない〜!時差で辛いから出歩きたくない〜なんて時はスーパーのデリカテッセンでお腹を満たしてみてくださいね。(フードコートは、あまり美味しいものや珍しいものもないし、なんとなく高い気がするので短期滞在の方にはオススメしません。)

 

▶︎黄色いトラムの美味しいポルトガル商品はこちらから😋

▶︎ポルトの商品の取り扱い店一覧はこちら