Porto Style 【ポルトスタイル】

ポルトガルをこよなく愛す「ポルトドポルト」のバイヤーが贈る、ポルトガル発掘日記。趣味は読書とヨガ。

リスボンのフードコートで驚く

皆さんにとって、フードコートとはどんなイメージですか?日本でフードコートというとたくさんの方々はアノ巨大モールの中のフードコートを想像すると思いますが、ポルトガルはちょっと違います。

 

まず、ポルトガルのショッピングセンターは日本のショッピングセンターとデパートを足して二で割ったような場所で、前から、雰囲気も良いし、いる人も施設自体も店員さんもオシャレだなぁと思っていたのですが、ご飯までもが美味しいのにはビックリしました。

 

(もちろん、日本のショッピングセンターのフードコートに比べたら!であり、ポルトガルのローカルレストランに比べたら質は落ちますよ)

 

そんなことを感じたのは、リスボンにあるアモレイラシュショッピングセンターのフードコートでのこと。

 

 

 

ここのショッピングセンターはあのpombalの近くで、周りにはホテルがたくさんあるので、ここを利用する日本人の方も多いのではないかと思い、今日の記事にピックアップしました。

 

ここのフードコート内のお店

 

CANTINHO REGIONAL SERRA DA ESTRELA

 

「Serra da estrela地域の食べ物の角(コーナー)」という意味ですが、ちょっと違うものもあったり…笑 しかし、とっても美味しい!この日食べたものは、

 

豚のパプリカとコリアンダー炒め。

白身魚の揚げもの。

 

イワシの揚げ物やSerra da estrela のチーズとオリーブ。

など…

 

冷凍されてきた料理を解凍するフードコートスタイルのお料理に慣れていただけあって、フードコートの料理には一切期待していなかったのですが、このどう見ても大量生産されたわけではないフードコート料理に私達は驚きを隠せませんでした!

 

美味しい!!!中を覗くと、ポルトガル人おばちゃんがちゃんと魚を揚げています!ワーオ。

 

ここのショッピングセンターは、外資系ホテルが集まっているエリアにも近いですしJUMBOという大型スーパーも入っているので、雨が降ってしまった日や、シアードなどには足を伸ばす時間がない時などに是非出向いてみてください。

 

Jumboでバラ撒きお土産類を揃えつつ、ついでにフードコートまで食べに行ってみるなんてコースもおススメですよ!

 

また、観光客も少ないので、地元の人々と触れ合えるいい場所になるかもしれません。