【ポルトドポルト】のポルトガル中毒

ポルトガルが大好きな私のポルトガル中毒日記。ポルトガルから美味しいものを輸入しています。そして一児の母です。

色々なバカリャウの食べ方 Bacalhau com todos

本日ご紹介するのは、

 

観光でリスボンに行ってまず、行っておこう!と思う街中スポットの一つ、コメルシオ広場から続いているメイン通りSão Nicolau通りにあるレストラン。

 

 

Bacalhau com todos です。

 

そう。Bacalhau with everything というレストランの名前通りメニューはバカリャウばかり。

 

色々な調理方法でバカリャウが振る舞われます。

 

 

観光地のど真ん中の通りなので、ここは来るたびに新しいレストランが出来ているし、

 

きっとレント代も上がっていると思うので、地元の美味しいお料理は期待せずに入店です。

 

 

雰囲気作りが上手いポルトガル人。

 

お店も簡素におしゃれになっていて、待ち時間に観察していると、個人経営のレストランではなく、会社として運営しているレストランなんだろうなとすぐに分かるレストランでした。

 

ポルトガルで飲むとなぜかとても美味しく感じるSUPER BOCK.

 

 

目の前に青い空が広がっているからでしょうね。笑

 

しかしポルトガルではビールではなく、サングリアを注文することをお勧めします。

 

 

 

 

ポルトガルがまだここまで人気が出ていなかった時は、どのレストランに入ってもご飯が美味しくて、ただただ幸せな気分になっていたのですが、

 

まぁ街や国が発展していくと、そういうわけにも行かず・・・

 

あまりポルトガルのマイナスなことを書きたくない私としては、食レポにも困る日々が続いています。

 

 

 

 

 

時間的にもしょうがなく入ったこのお店だし、ここは大の観光地、このレストランも大したことはないのだろう。

 

とまずはアペタイトのセビーチェからいただきました。

 

(10ユーロ)

 

南米の本格セビーチェを知っている人は「ん?」と思うと思いますが、

ポルトガルのセビーチェはとにかくいろいろなスタイルで出てきます。

 

 

こちらは、タコ、バカリャウ、オニオン、トマト、コリアンダー、パプリカ、エビ等が入っていました。とっても海鮮豊富!

 

安くないけれど、ケチってないところが好き。

 

あれ?なかなか美味しい・・・

 

 

 

 

そして、こちらはバカリャウのパンケーキ。パタニシュカシュ。

 

(16ユーロ)

 

バカリャウをすり潰してパンケーキ状にし揚げたものです。

 

侮っていたら、またまた美味!

 

横のほうれん草とマヨネーズのライスもマッチしていました。

 

 

そしてポルトガル定番のツナのステーキ

 

(15ユーロ)

 

これは、まぁまぁでしたが、観光地としては満足するランチのスポットとなりました。

 

まだバカリャウ食べたことないよ!

 

バカリャウを色々な調理方法で食べてみたい!!

 

という方にはオススメのレストランです。

 

 

 

 

ランチだけで45ユーロ行ってしまうのは高いですが、観光地なのでしょうがないかな?

 

リスボンでバイシャ地区を観光中どこで食べるか迷った方はぜひこのレストランに入ってみてください。

 

観光地のど真ん中としては、なかなか美味しいレストランでした!

 

 

 

レストラン:Bacalhau com todos

住所:R. de São Nicolau 47, Lisboa 1100-547, Portugal

電話:+351 21 342 0745

 

 

 

▶︎ポルトガルの美味しい商品はこちらから😋🇵🇹

▶︎取り扱い店一覧はこちら