Porto Style 【ポルトスタイル】

ポルトガルをこよなく愛す「ポルトドポルト」のバイヤーが贈る、ポルトガル発掘日記。趣味は読書とヨガ。

はじめまして。まずはちょっとしたプロフィールを。

f:id:portodoporto:20180819230247p:plain

このブログは、ポルトガルをこよなく愛す「ポルトポルト」のバイヤーが贈る、ポルトガル発掘日記です。

 

こんにちは。ポルトガル輸入食品会社「ポルトポルト」( portodoporto.com )のバイヤーをしています。まだまだ少ないポルトガル情報を提供する場として、ポルトガルで見た素敵な場所&モノをちょこちょこ記録していきます。

 

私自身は、一児の母で、趣味はヨガと読書とポルトガルポルトガル好きのくせに、元ブラジル在住のため、ポルトガル語はブラジル訛りです。

トランコーゾ の郷土菓子 甘いサーディンとは?

涼しくなってきましたが、まだまだ暑かったポルトガル。今週はシントラの森が焼けてしまうという悲しいニュースがあってとてもガッカリとした気分です。というのもシントラは私のお気に入りの場所。ポルトガルの山火事といい、その後の処理の仕方と言い、怪しいポリティックスが絡んでいそうなのがとても悲しいところですね。

ポリティックスと言えば、ブラジルでもトランプのような過激な人が大統領になるかもしれないし・・・日本は平和ですが、ポルトガルはまだまだブラジルのように汚職がよく話題になってしまう国なので、そこは残念なところです。

 

さて、スペインに近いトランコーゾ ( Trancoso )という歴史的な町に行ってきた私たち。またまた恋に落ちてしまいました。トランコーゾ はブラジルのビーチとして有名ですが、今回紹介するのはポルトガルの内陸部のトランコーゾ です。ポルトガル人の間ではもちろん有名ですが、まだまだ外国人ツーリストに色々味付けされていない穴場なのでオーセンティックなポルトガルが見れてオススメの町です。

f:id:portodoporto:20181012213330j:plain

この町で待ち構えていたのは、この立派な門。この中に街が広がっているのですよ!信じられますか?オビドシュのように街が全部城壁に囲まれている町もあるのですが、ここトランコーゾ は町の一部がお城に囲まれている!神秘!

でも、その城壁の周りにも普通に街がある・・・なんて面白いのでしょう。日本だったら土地がないとかなんとかで、一度全ての壁を崩してしまったりしそうですが、そのまま残っているポルトガル、最高ですね。

f:id:portodoporto:20181012221120j:plain

途中、崩れているところもありですが、一周壁に取り囲まれているのが本当に美しい。ベビーカーを押しながらはとてもキツかったので途中で車を取りに行ってまた一周して見ることにしました。

f:id:portodoporto:20181012221142j:plain

お城の方へ行くと、景色がとても綺麗です。お城はもうお城としてはありませんが、形だけは残っていました。

f:id:portodoporto:20181014214654j:plain

お城からの景色はこんな感じ。さすがポルトガルですね。

f:id:portodoporto:20181012221134j:plain

さて、ここはポルトガルの内陸部。スペインのすぐそば。海が無いんですよね!今だから魚も食べることができますが、昔は全く食べられなかった!そして、そんなトランコーゾ の人々が夢を見て?作った郷土菓子があるというので食べに行ってみることにしました。

連れて来られたのは、壁の中のお店。

f:id:portodoporto:20181012221128j:plain

 お肉やジャムやなんでも売っているトランコーゾ のお店です。

 

有名なお菓子とは・・・「Sardinhas doces de trancoso」ええ??サーディニャシュドセシュ?甘いサーディン?どういうこと?言っている私たちに、「こういうこと!」とウインクして友人が買ってくれました。

f:id:portodoporto:20181012213348j:plain

そうこういうことです。

サーディンの形をした甘いお菓子。外はチョコレートで覆われています。中はこんな感じです。ん?なんだかたい焼きを食べているみたい・・・!

f:id:portodoporto:20181012213815j:plain

卵黄の甘〜いクリームが入っていて、いかにもポルトガルのお菓子代表!!!という感じでした。味は・・・「まぁまぁ」です。ポルトガルのご飯って本当に本当に本当〜に何を食べても美味しいのに、ポルトガルのお菓子は「・・・」なことが多いのが現実。

美味しいスイーツに出会えた時は大当たり!だと思って良いと思います。笑

ということで、とっても歴史的な素敵なまちで出会った郷土菓子はイマイチでした。笑 次回も、もう少しトランコーゾ のこと、書いていきたいと思います。

 

 

▶︎ポルトガルの無添加商品はこちらから😋🇵🇹

 

ポルトのパン屋さん「Pão fôfo」で朝食を。

いつもはすぐに直る時差ボケも今回はなぜかとても辛い…夜中の2時にバチっと目が覚めてから寝れなかったり…なかなか辛い日々を未だに送っています。皆、西へ飛ぶには大丈夫だけど、東に飛ぶと辛いと言っていますが、私も本当にそうだ…

 

そして明日からは代官山の猿楽祭りに参加もします。私はいませんが、代表がいますので是非声をかけてくださいね!久しぶりのイベント参加なので、みなさんに会えるのが楽しみです!美味しいポルトガル土産たっぷり準備して待っています。

sarugakumatsuri.com

 

さてさて今の私はとにかく頭がボンヤリしてるのですが、こんな時に朝起きて、ボーっとしてでも行きたいのが、ポルトガルのパダリア。(ベーカリーです。)

 

なぜわざわざパダリアとポルトガル語で書くかというと、ズバリ…

 

オシャレじゃないから!!!!!

 

日本語で「ベーカリー」って響きはなんかオシャレですよね!でも、あまり絵にならないのが、ポルトガルのパダリア。そして、それがたまらなく普段の生活には上手くハマるのです!!!起きたままヨガウェアでトコトコ行ける感じ。

 

今日紹介するのはポルトの大き目のパダリアで、日本人もよく利用するだろうtrindade 駅の目の前です。

 

Pão fôfo

 

f:id:portodoporto:20181006085349j:image

ここは一般的なパダリアよりもとても大きく、良い感じのパダリアだと意識して読み進めて行ってくださいね〜。

ここはお店の規模が大きいため店員さんも多く、誰かしらオーダーを聞いてくれるので、行きやすいと思います。たまに、数人で回しているパダリアに、お客さんがたくさんいると、海外のバーでオーダーする時みたいに、声を張り上げて前にでた者勝ちみたいになることもあるのですが、ここはそんな心配もいりません。笑

f:id:portodoporto:20181006085346j:image

中に入るとショーケースにダーっと美味しいパンやサンドイッチ、甘いものが並んでいます。アップにするとこんな感じ。
f:id:portodoporto:20181006085344j:image

ポルトガル語が話せない方でも、実際のものが見えるのでオーダーしやすくてオススメです。軽いものから重いミートパイ系のものまで、とても充実しているので、英語圏の「やばい・・・食べたいものがない・・・」という思いをしなくて良いのがポルトガルのいい所。毎回、これ美味しそう!!!というものがあります。

 

そしてオーダーしたのが、美味しそうなミックスのサンドイッチ
f:id:portodoporto:20181006085324j:image

チキンとポークが入っています。お洒落じゃない分、見掛け倒しではなくて美味しい!周りのパンもなんで?と言うくらい、本当に美味しいのです。

そしてカフェラテ。
f:id:portodoporto:20181006085329j:image

気をつけて欲しいのが、ポルトガルでカフェと言うと、必ずエスプレッソが出てきます。コーヒー好きな人にはもちろん万歳だと思うのですが、私のようなコーヒーベイビーにはミルクがないとキツイので、ラテをしっかりと頼みましょう。

しかし!!!

ポルトガルはオシャレなお店じゃないと、カプチーノがありません。そしてラテと言っても、ほとんどがエスプレッソを飲むポルトガルで、そんなオーダーに慣れてないポルトガル店員さんは「おっけ〜」と言いながら普通の顔してエスプレッソを準備してくるので、ガラオンと言って注文すると良いと思います。

ポルトガル人は朝はガラオンと呼ばれる、コーヒー半分、ミルク半分をなぜかガラスのコップに入れて飲む人が多いので、ミルクたっぷりコーヒーが欲しい方はガラオンで注文を。


f:id:portodoporto:20181006085337j:image

こちらはメニューで、色々と見てみると、ランチはスープや日変わりプレートもあるようで、周りには早めのランチを食べているビジネスマンなんかもいました。きっとランチタイムにはとても混む場所なのだと思います。

見栄えの良いこちらは…ゲキ甘。
f:id:portodoporto:20181006085341j:image

一般的な日本人の舌ではとても美味しいとは思えない味ですので、甘いものが食べたい時には、絶対マフィンがオススメ!!!程よい甘さとリッチなチョコレートが日本人にとってはちょうど良いスイーツになると思います!ポルトガルのマフィンとても美味しいから食べてみてください!

美味しく食べた後は、このカードを持ってレジへ。
f:id:portodoporto:20181006085310j:image

海外へ行くと、どこでお金を払うか迷う方が多いと思いますが、ポルトガルのパダリア、パステラリア(軽食屋さん)は食べ終わった後に大抵レジで払います。ここのように大きいパダリアではカードが渡されるので、これを見せて払えますが、普通のパダリアはレジでオーナーが暗算でやってくれて払えます。

たまに、私のオーダーさっき書いてなかったけれど、本当に覚えてるの?と思うこともチラホラ。日本じゃありえないけれど、それでも上手くやっているのがポルトガルですよね。

 

普段このブログにも、ポルトガルはご飯(米)が美味しいといっつも書いていますが、そんなポルトガル人もお米よりパンを食べるので、ポルトガルにいる時は、朝は絶対に美味しいパンを食べに出かけてみてくださいね!きっと美味しいポルトガルのパンに出会えますよ〜

 

 

▶︎ポルトガルの無添加商品はこちらから😋🇵🇹

 

無事帰国です。

ブログの更新も1ヶ月開きましたが、無事日本に帰国しました。今回は初めて娘を一緒に連れてポルトガルへ行ったのですが、帰国後の時差ボケが今までにないほどにヒドイ!逆にポルトガルでは今までにないほどに時差ボケがなかったので、普段授乳で起きてるからかな?楽で嬉しい〜!なんて思っていたのですが、今現在ツライ日々を送っております。笑

 

ということで一応無事帰国したことをご報告。

 

f:id:portodoporto:20181001144054j:image

今回のポルトガルもとても濃厚なものとなったので、これから時差ボケの回復と共にアツイ記事を書いて行こうと思います!!!

ポルトガルのワイン畑はジブリの世界。

数年前に日本に帰ってきてからというもの、日常生活の色々な場面がジブリの映画のワンシーンに見えて盛り上がっていた私ですが、ポルトガルもなかなかのジブリスポットで溢れているということ皆さんご存知ですか?

 

ポルトガルジブリスポットはフとした時にいきなり目の前に広がるのですが、私が最近一番感動したのがワインファーム。ということで、普通とはちょっと違う角度でポルトガルのワイン畑のレポートをお届けしようと思ったのですが・・・・・・写真がとてつもなく多い!

 

多い!

 

多い!!!!

 

どの写真を選ぶか考えるだけで1時間です。きっと相当私は興奮していたのでしょう。

 

一つの記事でまとめたら、せっかく読みにきてくれた皆さんが飽きてページを閉じてしまいそうなので、何回かに分けて根気強く紹介して行くことにします。

 

まず入った瞬間に私たちを迎えてくれるのは、お城!!

f:id:portodoporto:20180828215047j:plain

ワイン畑やオリーブ畑を持っている場所は歴史的なファミリーも多く、ワイン畑の中にお城があるなんてこともポルトガルではちらほら。(ほとんどのワインファームは宿泊できる建物くらいはあります)

 

いきなりお城なので「おお!」と思い見上げると、その前にはスルーできないほどの大きな木が!!!でか!!!

f:id:portodoporto:20180828215123j:plain

この〜きなんの木に張り合えるのではないか・・・次のCMはハワイじゃなくてポルトガルでも良いかも。やはり歴史ある場所というのはこういう「主」のような木がいるので本当に神々しい!なんて感心していると・・・

 

振り向いたそこには、出ましたポルトガルジブリポイント。この塀を抜けて畑へ行くのですが、このショット、どう考えても「不思議な国」へ繋がっていそうな入り道。日本にいるときの「耳をすませば」風のジブリスポットも素敵ですが、ポルトガルの「魔女の宅急便」風のジブリスポットも負けていません。

f:id:portodoporto:20180828220145j:plain

この緑のトンネルの向こうに絶対誰かいるでしょ?と思わずにはいられない風景・・・。笑

 

 

 

緑のトンネルを越えると・・・

 

 

 

期待を裏切らない息を飲む光景が!!!

f:id:portodoporto:20180828221219j:plain

ひゃー!少し丘のようになっているので、この光景にウットリです。みなさん定番のブドウの木がズラーっと並んでいるのはよく見ていると思うのですが、それを「引き」で見てみるとこんな光景。完全に迷いこみましたね、ジブリの世界へ。

f:id:portodoporto:20180828222736j:plain

遅くなりましたが、ここはマングァルデ。私たちが輸入しているオリーブオイルのCASA ANADIAのワイン畑です。ポルトガルのワイン=Douroのワインで、あのドウロ川の渓谷を想像する方も多いと思いますが、ここダォンも有名なポルトガルワインの産地です。

 

そして、またまた来ました。カタカナでなんて書けば良いか分からないポルトガルの地名。マングアルデと書こうと思って調べていたらグーグルさんではマングァルデと出て来たのでマングァルデで・・・。ダォン地方と書こうと思っていた地名はダンと出て来たのでダンにします。

f:id:portodoporto:20180828220153j:plain

↑↓このようにワイン畑ですが、すぐ横にはオリーブも植えられていたりします。オリーブ畑とワイン畑はポルトガルではセットなのですよ。

f:id:portodoporto:20180828220201j:plain

そのすぐ横には、こんなワイン畑の光景が広がっているのです。勉強のために日本でもオリーブ畑やワイン畑を見つけては行ったりしているのですが、日本ではこういう光景はないですよね。まぁ歴史が違うので当たり前と言ったら当たり前かもしれませんが。

f:id:portodoporto:20180828222534j:plain

ブドウの実はこんな風にたわわに実っています。

f:id:portodoporto:20180828222911j:plain

一つの実は手に持ってみるとこんな感じ。小ぶりですね。

f:id:portodoporto:20180828222906j:plain

 そんな実をつけた木がずーっと広い大地に這うようにして広がっているこの光景。

f:id:portodoporto:20180828222939j:plain

ファームにはちょっとしたオアシスも。

f:id:portodoporto:20180828222916j:plain

ドローンを飛ばしたらすごいんだろうな〜。せっかくの雰囲気が台無しになりそうだけど。

ワイン畑は広いのに、通路などはいつも緑が綺麗に整備されています。さすがお城にあるワイン畑。この緑の誰がここまで綺麗にしているんだ?というような通路が張り巡らされているところが、ズーーーっと続いています。終わりが見えないくらいに。

f:id:portodoporto:20180828220208j:plain

 あぁ〜本当に素敵。また、ワイン畑には歴史があるため、これが16世紀からあったのか・・・この場所はいろいろな時の移り変わりを見てきたのだな。お城にいた貴族はこの葡萄が実って行く姿を日々見ながら季節感などに浸ったりして、さぞ幸せな気分だっただろうな・・・などと考えずにはいられません。

 

ウロウロしていると今度はトトロのトンネルが出てきました。

f:id:portodoporto:20180828222226j:plain

お酒が飲めないため、味わえない私はこの時はただの通訳としてファームを歩いていたのですが、話を聞けば聞くほど妄想が加速していくポルトガルのワイン畑歩き。今すぐにでもワインを輸入したくなったのは言うまでもないですよね・・・。

 

こうして視察は終わったのですが、ワイン畑で話をしているときも「16世紀の彼らは数世紀後には日本人がウロウロここでしているなんて想像できたかな?」「それとも、もっとハイテクな未来を想像していたのかな?」という思いが頭をグルグルし、時空を超えて時がつながったような感覚に包まれました。

一層の事ここに一人で佇んでいたかったのですが、既に「何やってんだ?」というくらいホワ〜っとなっていたので、この日のファーム散歩は終了。冷んやりとしたお城の中へ移動となりました。

 

 

さてさて・・・週1回更新しているこのポルトスタイルですが、来週からまたポルトガルへ行ってきますので、1ヶ月間はブログ更新なしになると思います。代わりに、インスタグラムからSTORYなどでポルトガル動画アップしてみたいと思います〜!ライブもやってみたい!と思っているので是非チェックしてみてくださいね〜!フォローまだしてない方は忘れずにしてね!Até já!

 

www.instagram.com

 

 

 

▶︎ポルトガルの無添加商品はこちらから😋🇵🇹

 

アレンテージョの昼下がりランチ

新しいブログに移動してからまだ色々と慣れない状態が続いています。以前のブログで書いていた記事も全てこちらへ移行してこようと思っているのですが、なかなか思うように行かず・・・一つの投稿に時間がかかってしまったりして、見たことがある記事がポコポコと上がってきているのを気づいている方もいるかもしれませんが、お許しを。

 

台風の影響で少し暑さが落ち着いた今日、私が紹介するホットスポットはエヴォラの日本の風を感じたレストランです。笑

f:id:portodoporto:20180824130344j:plain

 夏はとにかく暑いアレンテージョですが、この日は席が日陰だったので、とっても涼しく居心地が良いランチタイムでした。昨今の暑さは異常なほどなので、日陰に行っても暑いこともありますが、湿気は日本に比べると少ないので慣れれば大丈夫です。ただ日差しは強く、どれくらい強いかというと肌が少しだけ弱い私が暑さでデキモノができたことがあるくらいのスゴさです。笑 

想像できたでしょうか・・・?

f:id:portodoporto:20180824125727j:image

もうポルトガルでは見慣れてしまいましたが、店内用の机を普通に引っ張り出して石畳の上に持ってきてしまうところが最初の頃は滑稽でした。でも、それだけ皆外の自然な空気を楽しむ人が多いポルトガルです。私たちも外で食べたりするのが大好きなのですが、家族以外の日本人の人たちといる時は、なんだか中で食べる機会が多いような。それに、日本のテラス席で食べていると「気取っている人たち」ととらわれる事が多いので、ソトタベにはちょっとためらってしまう自分がいます。笑 あとただ単に暑くて外に居られない事も多いですが・・・日本のテラスにも気取ってない、こういう席を作ってくれたら良いのにな〜と思います。(ただ店内用の椅子とテーブルで外で食べていたら違う意味で注目を浴びるかもしれませんが・・・)

 

この日レストランで食べたものが、なんとなく日本っぽい味がしたので、今日はそんなランチの記録です。まずパイ生地の中にお肉が入ったもの。
f:id:portodoporto:20180824125715j:image

ポルトガルにはパステルというものがあって、もっと軽い生地のパイ生地で焼き上げたガブリと噛みついて食べることができる軽食があるのですが、このパステルというよりミートパイはなかなかの歯ごたえ。最後まで噛み切れずに、私たちは一口だけ食べ、あとはポルトガル人の口へ向かって行きました。彼らからすると、とても美味しいらしいのですが、私たちからしたら久しぶりのポルトガルでのハズレ料理でした。

 

オススメされたパイはまぁまぁでしたが、全くもってオススメされないアレンテージョのサラダは衝撃的に美味しい!多分トマトが美味しいからかな?
f:id:portodoporto:20180824125730j:image

アレンテージョでサラダを食べる度に感動しているのですが、それを見たポルトガル人の生産者は「日本ではどんなサラダを食べているの?」と不思議がってきます。アレンテージョに住んでいる人は、アレンテージョのあの太陽の光が染み込んだ野菜の美味しさに気づいてないのだろうか?なんて思います。

このサラダ、一見地味ですが、とても美味しかったので後日宿泊先のコンドミニアムで作ってみることに・・・。その記事についてはまた後日書きますね。

 

お次の料理はインゲン豆と卵の和え物。これがなんとも言えない日本の味がしたのです。
f:id:portodoporto:20180824125723j:image

味付けは塩胡椒とシンプルなもの。見かけは「?」ですが、味は優しく、とても美味しかったです。和食にも合うような・・・

次のパスタも、まさかの日本っぽい味!

f:id:portodoporto:20180824131134j:image

パプリカとブロッコリー、そこにシイタケのはちみつ漬けが入っていました!ちなみにシイタケはポルトガル語でもSHITAKE。英語でもSHITAKEですよね。日本ではちょっと古風な感じな椎茸さんですが、ポルトガルではちょっとオシャレな人がお料理に使っているイメージです。

そして恒例のバカリャウの揚げ物。
f:id:portodoporto:20180824125719j:image

バカリャウの揚げ物はどこに行ってもある定番の料理なのですが、場所によって揚げ方やスタイルが全然違うのでポルトガル調査隊として(笑)見つけた時には必ず頼むようにしています!ここのバカリャウは衣が多くて天ぷらのよう!これを見た瞬間に「あぁ〜やっぱり日本の天ぷらってポルトガルから来ているんだな〜」と感じました。

偶然にも連れて行ってもらったレストランでたくさんの「日本っぽい味」と出くわした私たち。アレンテージョの真ん中で日本ってやっぱりポルトガルと繋がっているな〜と感じた昼下りランチでした。

 

余談ですが、日本は12時になったら全国一斉か?というくらいみんな同じ時間にランチに行きますが、ポルトガル人はランチは絶対12時!という気持ちがない人たち。12時過ぎても普通に会議をしていたり、また11時から食べたり・・・「ランチの時間」の概念が違うので面白いです。

 

  

アモリーノでジェラートを。

ブログを引っ越しました

 今までBLOGGERでブログを毎週書いてきた私ですが、本日を持ってはてなブログにお引っ越しすることになりました。というのも、BLOGGERは海外ではユーザーの数も多いのですが、日本では利用者数が圧倒的に少ない!!!割と良い記事を書いているのにもったいないと言われ、はてなブログに移動することになったのです。まだ慣れていませんが、これからはこちらで頑張って行くつもりですので、よろしくお願いします!!

今まで書いてきた記事も、少しずつこちらへ引っ越していきます!

 

ポルトガルジェラート屋さん

それでは早速、今日もポルトガルの記事へ。幾度となくポルトガルジェラート屋さんをご紹介してきているジェラートフリークな私なので、ジェラート屋さんをはてなブログの初めての記事として投稿したいと思います。

場所はリスボン。知る人ぞ知るシアードのAMORINOです。

f:id:portodoporto:20180817174344j:image

ここはシアードの中心にあるので、リスボンに行ったことがある人はほとんど見たことがあるかな?なかなかのジェラート人気店で、店内はいっつも人で溢れかえっています。まだポルトガルにそんなに観光客がいない数年前から、ここのジェラート屋さんは常に人気スポットでした。

f:id:portodoporto:20180817174333j:image

そろそろ旅行好きの方は「あれ?このお店見たことあるぞ」と気づいている方が多いかもしれませんが、ここアモリーノは有名なジェラートのチェーン店。ヨーロッパでは色々な主要都市にあり、北アメリカにもチラホラあるようです。リスボンには2店。やはり有名店の看板というのはどこへ行ってもみんなを惹きつけるものですね。

 

先週も、ポルトジェラート屋さんを紹介していたのですが、そこはあまり典型的なポルトガルジェラート屋さんではなく、ちょっと革新的でモダンな人気店でした。

www.portostyle.work

しかし、このジェラート屋さんAMORINOはこれぞジェラート屋さん!という感じのジェラート屋さん。種類もとっても豊富です!!!!!!

f:id:portodoporto:20180817174348j:image

このジェラートケースは見るたびに、いつも浮足立ってしまいます!夏は列につかないと買えないことが多いのですが、その列についている間も眺めていられるので、並ぶのも苦にならない!笑

これだけあると、カメラに収まりきらない!

f:id:portodoporto:20180817174355j:image

自分の番が回ってきたら、まずはどの形にするかを決めて、オーダー。「アモリーノと言えば!」ですが、写真にあるように、ここのジェラートはコーンでオーダーすれば、バラのような形にしてくれます。

f:id:portodoporto:20180817174414j:image

どのタイプのジェラートを頼むか決めて、最初にお会計を済ませたら、早速フレイバーを選びを開始!ま・・・迷う!!!

 

欲張りなボスはカップで3種類をオーダー。味は、マンゴー、チョコレート、バニラです。
f:id:portodoporto:20180817174337j:image

私は絶対バラ型が良かったので、コーンに。味はラズベリーとチョコレートにしました。可愛い!!!ポルトガルのチェーン店ではないのですが、シアードにきてこれを食べるとポルトガルに帰ってきた〜!と感じる私です。


f:id:portodoporto:20180817174359j:image

上手な人に盛ってもらえたからか、なかなか上手い。このジェラートケースを見て、あれ?なぜか横にマカロンがあるけど何??と思って聞いて見ると、ここリスボンのアモリーノではジェラートの真ん中にマカロンを入れてくれるとのことでした。

ほぉ。
f:id:portodoporto:20180817174352j:image
とっても迷ったのですが、甘すぎるし、追加料金も割と高いし・・・うん〜・・・結果、断念。笑

 

ここのジェラートはチェーン店と言えども、一応素材には拘っているのでまぁまぁ美味しいです!他の町や国へ行くと、アモリーノでもまた違う味や種類が違ってくるらしいので、アモリーノを食べたことがある人もリスボンの味は是非試してほしいです。

 

しかし、昔はアモリーノのジェラートって美味しい!と思って食べていたのですが、なんだか最近はポルトガルの他で食べるジェラートの方が美味しいと思うようになってきました・・・ポルトガル贔屓だからかな・・・?

Amorino

ジェラートの有名チェーン店なので、行ったことがない方は是非リスボン観光ついでに行ってみてください。他にもポルトガルにはジェラート屋さんがたくさんあるので、暑い日の観光では食べ比べなんてしてみるのもいいかもしれませんね。

 

はじめまして。まずはちょっとしたプロフィールを。

f:id:portodoporto:20180819230247p:plain

このブログは、ポルトガルをこよなく愛す「ポルトポルト」のバイヤーが贈る、ポルトガル発掘日記です。

 

こんにちは。ポルトガル輸入食品会社「ポルトポルト」( portodoporto.com )のバイヤーをしています。まだまだ少ないポルトガル情報を提供する場として、ポルトガルで見た素敵な場所&モノをちょこちょこ記録していきます。

 

私自身は、一児の母で、趣味はヨガと読書とポルトガルポルトガル好きのくせに、元ブラジル在住のため、ポルトガル語はブラジル訛りです。